「夏の川遊び十分な備えを~背浮きで救助待とう~」

パシフィックスポーツプラザにて行っている学校指導について、夏の水難事故への備えとして、「下野新聞」へ掲載されました。

今年も国内の海水浴場のオープンは40%と言われています。監視員やライフセーバーが不在となり、水難事故への注意もより一層必要となります。また、近年のアウトドアブームにより、川や渓流などでの水遊びでは、多くの危険が潜んでいます。

正しい知識と事前の準備を行い、思い出たくさんの楽しい川遊びや海水浴を過ごしてください。

万が一の備えや対応方法など、気になることがありましたらプラザコーチまでぜひお尋ねください。

※下野新聞より引用